リンク集
サイトマップ
ホーム
チャイルドシートとは
チャイルドシートを使ってみよう!
チャイルドシートの困ったを解決
チャイルドシートに関するQ&A

チャイルドシートは大切な子供たちの命を守ります。

チャイルドシート

ちょっとそこまでだから・・・と、チャイルドシートの装着を怠っていませんか? しかし、それでは万が一の時、大切な子供を守ることができません。当サイトではチャイルドシートの重要性を中心に、その使い方やトラブル対処法などを紹介しています。みなさんの安全なカーライフに少しでもお役に立てれば幸いです!

チャイルドシートの現状

幼い命を守るために義務化したはずが、その着用率は伸び悩む一方です。「チャイルドシートに座らせると泣くから」といって抱っこするママも多いようですが、万が一事故にでもあったら・・・もう泣く姿さえ見られなくなるかも知れません。確かに、子供にとっても窮屈だし、大人も面倒と思うでしょう。しかし、そんなつまらない理由で大切なお子さんの一生を棒に振ってしまったら・・・あなたは後悔しませんか? それを使用するほんのひと手間が、あなたの愛するお子さんの一生を守ることになります。着用率100%を目指して、1人でも多くの人がチャイルドシートを着用するようにしましょう!

ページの先頭へ

慣れが大切

チャイルドシートに固定されるのを嫌がる子供も少なくありません。じっと座っていることが苦痛な上に、体を固定されているということが嫌なのかもしれません。まずは慣れることから始めましょう。チャイルドシートは後部座席に設置しているのに、親は前の座席にいる場合、退屈してしまい、嫌がることもあります。お気に入りのキャラクターのぬいぐるみを手の届く範囲にぶら下げてみたり、お母さんが横に座って話しかけたり、歌を歌ったりしてあげましょう。慣れてくると一人で座っていることができるようになるので、親としても楽になります

ページの先頭へ

体に合っていますか?

子供がまだ小さくて、シートベルトをしても不安が場合、隙間にバスタオルなどを入れてあげましょう。締め付けられて可愛そうだからとベルトを緩めたまま固定する行為は、チャイルドシートに乗せる意味が全くありませんので、正しく座らせてあげなければいけません。何事も何か起きてからでは遅いのです。少しの距離だからと抱っこで乗る人もいますが、チャイルドシートを設置しているのですから、ちゃんと乗せて移動しましょう。

ページの先頭へ
Yahoo!ブックマーク はてなブックマーク