リンク集
サイトマップ
ホーム
チャイルドシートとは
チャイルドシートを使ってみよう!
チャイルドシートの困ったを解決
チャイルドシートに関するQ&A

取り付け方

チャイルドシートの正しい取り付け方を知っていますか?チャイルドシートの取り付け方は案外難しく、取扱説明書を片手に悩んでいるパパママも多いのではないでしょうか。「こんなもので大丈夫か」と妥協したくなる気持ちもわかりますが、それでは本来の安全性が確保できていません。

正しく取り付けていますか?

チャイルドシートは車のシートベルトを使い、座席に固定して取り付けるものです。ただし、体重15kg以上の子供が使うジュニアシートのように、直接シートベルトで子供を支えるタイプもあります。また、車のシートベルトには「3点式」と「2点式」があり、製品によっては2点式が使えなかったり、シートベルトが短くて取り付けられなかったりすることも。なお、チャイルドシートには車が前面衝突すると前に倒れようとする力が働くので、そう考えると「3点式」の方がより安全といえます。最近は車とチャイルドシートの相性がひと目でわかる「適合表」を用意しているところも増えているので、購入前にぜひチェックしてみてください。

ページの先頭へ

どこに取り付けるの?

まず、エアバックが装備された助手席に取り付けるのは絶対に避けましょう。特に、後ろ向きで使用する乳児用チャイルドシートはエアバックが展開した勢いで命を落とすこともあります。また、幼児用や学童用であっても、できるだけ後部座席に取り付けるようにしてください。やむを得ずエアバック装備の助手席に幼児用や学童用のチャイルドシートを取り付ける場合には、シートを一番後ろに下げた状態で取り付けます。また、車種(2ドア、3ドアなど)によっては他の乗員の乗降を妨げる場合もあるので、そのような場所には取り付けないようにしましょう。

ページの先頭へ

どこの席が安全?

事故の際、統計的に安全とされているのは「後部座席の中央」です。その理由は前面衝突の際に運転席と助手席の空間に投げ出された手足が入る確率が高く、前席にぶつかる衝撃を避けることができるから。また、横からの衝突に対しては左右に空間が多いため、ドアへの衝突の危険性が少ないこともあります。逆に、おすすめできないのは助手席です。助手席は事故の際の重症率が高いので、エアバックの有無に関わらず、装着は避けましょう!

ページの先頭へ

取り付け時のポイント

シートの向き

新生児〜1歳くらいまでは頭が大きく、首もしっかり据わっていない時期。衝突時、その衝撃が首に集中しないよう必ず後ろ向きに装着してください。

背もたれの角度

後ろ向きに装着した際、背もたれが立ち過ぎていたら危険です。衝撃を受け止める理想的な角度は45度とされています。

肩ベルトのゆるみ

肩ベルトがゆるすぎると、走行中に赤ちゃんの腕や体が抜けてしまう恐れも。肩とベルトの間に大人の手が入るくらいがベストです。

肩ベルトの穴の高さ

赤ちゃんの肩の高さ、あるいはそれに一番近い上の穴に通してください。子供の成長は早いので、こまめにチェックしましょう。

バックルの留まり

どんなに急いでいるときでも「カチッ」と音がしたか、引いても外れないかをきちんと確かめてください。

シートベルトのたるみ

取り付けの際、チャイルドシートに体重をかけてベルトを締め付けないと車のベルトが緩みがちになり、走行中にぐらついたり、衝突の際に大きく動いてしまったりして危険です。取り付けた後にチャイルドシートの台座部分を両手で抱くように押さえ、手前に強く引いてみてチェックしてください。なお、台座が3cm以上動かなければ正しく装着されている状態です。

固定器具の付け方

固定器具が必要なチャイルドシートの場合はつける位置や表裏、ベルト通しの位置などに間違いはないか、しっかりチェックしましょう。

ページの先頭へ
Yahoo!ブックマーク Google Bookmarks はてなブックマーク niftyクリップ livedoorクリップ del.icio.us